ランベルト  ルビーノ  建築写真家 
イタリア シチリア島東部 シラクーサ出身。
現代建築とイタリア文化遺産を専門とする写真家。
本国イタリアでは、4年間文化庁に勤務、その後フリーランスとして5年間シチリアをはじめイタリア各地の教会や、文化財保護局が所有する数多くの文化遺産の写真の目録作成に関わる。その後2015年まで、自らが芸術監督を務める出版社ErreProduzioniでは、撮影した文化遺産に関する写真と共に書籍やカタログなどの90以上の出版物の制作に従事。同時に2006年から2018年にわたり現代建築の撮影にも興味を持ち、ヴェネチア国際ビエンナーレ建築部門にて作品が展示され評価を受ける。
 イタリア建築雑誌の中でも評価が高い「カサベラ」や「アビターレ」などの雑誌の出版社や建築家は、彼が長年に渡り「文化遺産の建築」の撮影において培ってきた独自の視点と感性で「現代建築」を読み取り表現する写真を高く評価している。
2018年より東京へ活動拠点を移し、建築・アート・インテリア・ホテルなどの様々な分野の写真の撮影に携わる。シチリアの光と影、風を感じる独自の感覚と感性で現代の日本「東京」を切り取りその活動の輪を広げている。
オフィス
〒107-0062 東京都港区南青山5-2-1      アライアンスビル 4F 401
「撮影依頼・お問い合わせについて」
撮影に関するお見積もり、お問い合わせ等
について日本語のメールでも対応しております。
  お気軽にお問い合わせください。Mail: info@lambertorubino.com Tel.+81 70 3988 2789 Wp.+39 335 7562191​​​​​​​
Lamberto Rubino photographer specializing in contemporary architecture and cultural heritage. In Italy he worked for four years as an employee of the Ministry of Culture and another five as a freelancer for the photographic cataloging of the cultural heritage of Sicily. Until 2015, as a photographer and artistic director of the ErreProduzioni publishing house, he created more than 90 publications including books and art catalogs; at the same time, he began to take an interest in contemporary architecture and in 2006 and 2018 some of his photographs were exhibited at the Venice Biennale of Architecture. Architects and magazines such as Casabella and Abitare appreciate his style and the sensitivity he cultivated over years of working on the art of the past which allows him to read and photograph works of contemporary architecture in a more conscious way. In 2018 he moved to Tokyo where he deals with photography in various fields such as: architecture, interiors, art and hotels, where, in his best images of him you can glimpse a reflection of Sicilian light.
Office:
Alliance Bldg.4F, 5-2-1 Minami Aoyama, Minato-Ku 107-0062 Tokyo, Japan.
Do not hesitate to contact us for quotes and questions regarding the shooting.
Mail: info@lambertorubino.com 
Tel.+81 70 3988 2789 Wp.+39 335 7562191
Back to Top